木造住宅の耐震補強工事とは

Free-Photos / Pixabay

日本は地震大国とも言われており、いつどこで地震が発生するか分かりません。時には大きなマグニチュード・震度を観測することもあり、家屋が倒壊するなどして甚大な被害が出る震災もあります。このような家屋の倒壊リスクは決して低くなく、特に多いのが木造住宅です。

住宅は経年劣化とともに耐震性も落ちていき、少しの揺れで崩れてしまう場合もあります。特に木造住宅は鉄筋の建物よりも地震に弱いとも言われており、耐震補強工事が必要な住宅も少なくはないのです。もしもの時に備えるのであれば、耐震補強工事は欠かせないと言っても良いでしょう。

木造住宅の耐震診断を実施すると、ほとんどの家屋が耐震性を満たしていないとされています。倒壊する危険も潜んでおり、場合によっては早急な補強工事が必要になるでしょう。

一般的な木造住宅の耐震補強工事では、壁や屋根、柱の補強・改修を行います。倒壊しやすい木造住宅は壁が薄く、腐食などによって柱が脆くなっている場合が多く、これらが揺れに耐えられず、比較的小さな揺れでも一部が壊れる可能性もあります。そのため、耐震補強工事で壁の厚みを増やしたり、補強したりする工事が一般的です。柱もホゾ抜け対策など、地震の揺れによって抜け落ちないような対策工事が必要です。

また、壁を補強するのとは別に、屋根を軽量化する工事を実施する場合もあります。地震では屋根から倒壊するケースも珍しくはなく、壁が屋根の重さに耐えられず潰れてしまうバターンです。特に築年数が古い木造住宅の場合、屋根を軽量化する必要性が高いとも言えます。

このような耐震補強工事が必要か判断に迷いますが、まずは耐震診断を受ける必要があります。診断の結果、工事が必要だと判断された場合は改修プランを作成し、耐震性能や予算を確認しながら検討を行いましょう。耐震補強工事はお金と時間がかかりますので、改修プランは慎重に検討することが重要です。

なお、一般的な木造住宅の耐震補強工事は、100万円~150万円ほどの費用が必要とされています。100万円未満で済む場合や、反対に150万円以上の費用がかかる場合もありますが、一般的な目安は150万円以下です。ただし、築年数や延床面積によって変動するので注意しましょう。

耐震補強工事は義務ではありません。しかし、いつ何時地震が起こるか分かりません。地震への備えはもちろん、安心して暮らせるようにするためにも、耐震補強工事は検討の余地があると言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする