建築施工管理技士とは?

Tama66 / Pixabay

建築施工管理技士という資格をご存知ですか?国家資格の一つであり、主に鉄筋工事や内装・建築工事などにおいての安全管理や施工管理を担います。建築現場においては重要な立場となる職業でもあり、特定の工事では建築施工管理技士の常駐が義務付けられています。

ただし、建築施工管理技士は1級あるいは2級に区分されており、それぞれ担える工事の範囲・規模が異なります。これから建築施工管理技士を目指す方は、こうした区分にも注意する必要があるでしょう。

1級の建築施工管理技士は、基本的に全ての工事へ携わることが可能です。工事の規模はもちろんのこと、発注金額に関しても上限が定められておらず、再開発などの都市開発事業のように、大規模な工事の建築施工管理も担えます。ただし、施工管理だけでなく、行程や品質、安全管理などにも充填が置かれており、様々な知識や経験が求められる資格です。

施工管理におけるスペシャリストであると同時に、時には現場での作業員の把握・指示も必要であることから、高いマネジメント能力も求められます。また、資格の受験資格も条件が厳しく定められており、一定年数の実務経験が必須となっています。

一方の2級建築施工管理技士は、更に細かく建築・仕上げ・躯体の3つに区分されています。それぞれ関われる分野が細かく区切られているため、建築工事の全てに携わるには最低でも3回受験し、それぞれで合格する必要があります。特定の区分のみを取得し経験を積んで1級をめざすか、2級を全て取得するかは人それぞれですが、一度しっかり考えてみると良いでしょう。

tookapic / Pixabay

株式会社キーマンなど、建築施工管理技士がいる会社

2級の建築施工管理技士は工事の規模も比較的小さく、1級のように大規模な工事へ携わることはできません。細かな区分が1級とは大きく異なる点ですが、それぞれの資格を取得するには高い技術と経験が求められます。受験資格の条件は1級よりも緩くなっていますが、ほとんどの場合において一定の実務経験が必要です。

1級・2級に関わらず、建築施工管理技士は建築業界では常に有資格者が求められています。一定以上の工事には現場への常駐が義務付けられていることも理由ですが、施工管理におけるスペシャリストであり、資格が高い技術・専門知識を有することを証明しているからです。特に施工管理・安全管理が求められる建築現場では、こうしたスキルを持つ建築施工管理技士は重要な存在です。建築業界でのプロを目指すなら、建築施工管理技士の取得も視野に入るでしょう。

株式会社キーマンなど、建築施工管理技士を抱えている会社は信頼性が高く、安心して工事を任せることができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする