「日本耐震設計」のサービス利用で変化することとは?

blickpixel / Pixabay

日本耐震設計は昭和59年に創立された設計事務所で、木造住宅に対する耐震に特化したサービスを提供しています。自分の家が地震に対して安全な住宅か知ることができますが、サービスを利用して変化することはあるのでしょうか。

日本耐震設計の概要やサービス利用による変化についてご紹介します。

■日本耐震設計とは

東京に拠点を持つ日本耐震設計では、木造住宅の耐震診断・耐震補強工事をはじめ、RC強度の調査や耐震シェルターの設計・開発・設計、販売を行っている設計事務所です。一級・二級建築士や専門スタッフが事務所に在籍しており、優れた知識と技術力で住宅の耐震に特化したサービスを行っています。耐震診断は無料で行っているので、気軽に地震に強い家か見てもらうことが可能です。

■耐震への意識が高まる耐震診断

建物を設計する時の耐震基準は大きな地震が起きるたびに改正され、以前と比べて地震に強い木造住宅が増えています。しかし、平成12年以前の木造住宅は耐震性に問題がある建物は多く、またそれ以降の建物でも劣化によって耐震性が下がっている可能性が考えられるでしょう。

耐震診断とは地震が起きても揺れで建物が崩壊しないか調べる調査です。日本耐震設計の耐震調査は、大きく分けて「誰でもできるわが家の耐震診断」、「一般診断法」、「精密診断法」があります。一般診断法は建築士や建築関係者が診断を行い、一方で精密診断法は建築士が行うのでより精度の高い診断となります。

2つの診断は耐震基準に基づき上部構造評点で評価しており、0.7未満もしくは0.7以上1.0未満は倒壊の可能性があり、0.1以上1.5未満または1.5以上は倒壊の可能性が低いと判断してくれます。ここで1.0以上なら安心ですが、それよりも低い場合は耐震補強が必要で、正確な診断結果に基づき、補修計画や補修工事を進めることが可能です。
正確な情報が分かることで耐震に対する意識が高まり、結果に応じて対策できるようになります。

■耐震シェルターの必要性を考える

日本は世界有数の地震大国で、日本耐震設計では住宅の倒壊時も命の安全を確保できる耐震シェルターの開発・製造・販売を行っています。このシェルターに入ることで建物の倒壊で起きる圧死を回避することが可能です。耐震性が低い建物と判断された場合、耐震補強と同時に耐震シェルターが必要性も対策として検討しやすくなるでしょう。

大地震はいつどこで起きるか完璧に予想することは難しく、耐震性がない住宅だと倒壊し、家を失うだけではなく大切な命まで落とすリスクがあります。日本耐震設計の耐震診断を受けることで耐震の重要性を理解でき、また必要であれば耐震補強工事や耐震シェルターで対策することが可能です。

ご自宅の木造住宅の安全性を知りたい時は、日本耐震設計のサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする