耐震診断のメリット

under-928246_1280

日本は大規模な地震に見舞われることも多く、世界的に見ても地震の多い国です。また、地震による被害の1つに、建物の倒壊があります。地震によるこのような建物の被害は、建物の劣化はもちろん、耐震基準を満たしていない建物があることも原因です。耐震診断は、建物の耐震性がどのような状況にあるのかを明確にするために行われます。

では、そんな耐震診断のメリットについて考えていきましょう。

安全性の確保

これまで阪神淡路大震災や、東日本大震災で損傷や倒壊などの被害を受けた建物は非常に多くなっています。その中でも、被害の大きかった建物は、ほとんどが旧耐震基準で建てられていたことがわかっています。1981年、新耐震基準が設けられたことで、耐震基準が変更になっていますが、旧耐震基準で建てられている建物は現在も非常に多いです。危険な状態であっても、コスト面で改善できないという状況に置かれている方もたくさんいるでしょう。

しかし、普段生活する建物であれば特に、安全な状態かどうかを把握しておくことは大切です。耐震診断を行うことで、安全性の確保につながります。

資産価値向上につながる

地震時の災害損失指標である予想最大損失率は、地震のリスクを評価する数値として目安になります。これは、最大の地震で被災を受けた建物を、被災前の状態に復旧するのに必要とされる工事費や被災前の状態に復旧させるための工事費を新築工事費で割って計算しています。この比率を低くし安全性が高い建物であれば、資産価値も高くなるでしょう。

耐震診断によって、耐震改修計画の行政認定を取得することで、さらに資産価値向上が期待できます。

助成金の申請 株式会社キーマン

株式会社キーマンなど、助成金が利用できるところも

現在、耐震診断の重要性から、自治体をはじめとして耐震診断に対しても助成金を受けられる地域も増えてきています。建物が地震の影響で倒壊すると、その修復には補強や建て替え以上のコストがかかると言われています。しかし、助成金を活用して耐震診断や耐震補強を受けることで、そのようなリスクを回避することができるのです。地震大国であるからこそ、目先のコストよりも将来的なリスクを考える必要があります。

耐震診断や耐震補強にはコスト面だけを考えて避けているというケースは少なくないでしょう。しかし、耐震診断や耐震補強を受けるからこそ得られるメリットもあります。地震の被害を軽減するためにも、耐震診断は非常に重要なものなのです。

株式会社キーマンなどは補助金の申請などについてもアドバイスを受け付けているため、問い合わせてみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする