耐震、免震、制震の違い

cobblestones-393455_1920

地震大国である日本では、家を設計する段階で必ず地震に強い家を建てようとする方がほとんどのはずです。しかし、地震や揺れに強い家の広告やホームページなどを見ていると「耐震」「免震」「制震」といった、似たようなワードが出てきます。

地震対策についての表現ということは何となく理解できますが、具体的な違いについて聞かれると答えられない方も多いのではないでしょうか。ここでは、耐震・免震・制震の具体的な違いについてご紹介していきます。

地震の揺れを受け流す耐震

耐震は建物に使用する柱を太くしたり、筋かいなどを入れたり、壁を厚くするなど補強材を入れて強度を高めるといった構造方法です。この耐震工法は大半の住宅で採用されており、建物を倒壊させずに居住者が安全に避難できることを前提としています。後付けでもできるので、既存の住まいに採用することも可能です。

小学校や商業施設など大型の建物に利用することが多い方法です。

地震の揺れを吸収する免震

免震とは建物と基礎部分の間に免震装置を設置して、地盤と建物を切り離すことによって地震の揺れを伝えにくくする方法です。基礎と建物の間に装置を置く必要があるため後からの設置は難しく、最初の設計段階で取り入れるかどうかを検討しなくてはなりません。家にかかるダメージが少ない分免震装置の費用が高いといったデメリットがあるため、なかなか採用する家庭は少ないようです。

また、縦揺れに対応しにくいことから直下型の地震が来たら意味がないという見方もされています。

地震の揺れに耐える制震

建物の内部におもりやダンパーなどの部材を組み込んで、地震の揺れを吸収させる構造方法です。高さのある高層ビルなどは、上階に行くほど揺れが強くなってしまうため非常に有効な技術と言えるでしょう。揺れを抑えるための筋交いや合板を設置するだけなのでそれほど大がかりな工事にはなりませんが、工数によって費用が前後する可能性があります。

揺れ自体を減らすことはできないので、大地震が起きた場合は建物の被害が出てしまうかもしれません。

耐震・免震・制震の特徴について解説してきましたが、それぞれにメリット・デメリットがあることも理解できたかと思います。住まいの設計に全ての性能や機能を取り入れることはできませんが、どの方法も地震対策になることは確かです。

今後大きな地震が起こることを想定した上で、建物を倒壊する危険性を少しでも軽減させましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする