日本の優れた耐震技術について

NeuPaddy / Pixabay

建築技術には様々なものがありますが、日本の耐震技術はトップレベルとされています。海外には地震が少ない国や地域がありますが、日本は世界でも地震が多く、度々大きな被害を受けている国であるため、どこよりも耐震性能に対して厳しい目があるのでしょう。日本の耐震技術はなぜ優れているのか、その理由をご紹介します。

耐震性に対する日本の信念とは

日本の場合、今まで耐震性を実現するためにその地域の過去の地震について調査し、さらに地盤の性状を調べることで地震の強さを予測して対応してきました。今では建築基準法に基づいて耐震強化が義務付けられていますが、震度6以上の大きな地震に致命的なダメージを受けない、震度5の地震の被害を最小限に抑えることを目標に、創意工夫を加えて建物や建造物が建てられています。

この信念は今まで日本は大きな地震に何度も見舞われており、地域によって想定される地震の強弱にも違いがあるからです。地震大国と言われる日本ですが、今まで大きな地震を経験したことがない地域もあり、そのような地域は地震力に対して深く考える必要はないかもしれませんが、最低限の対策として7割は地震の強さに耐えられる設計が要求されています。

日本の施工の精度~株式会社キーマンなど業者の努力~

地震の心配がない国や地域に対しても構造を設計する上で、最低限の地震対策は必要と考えます。耐震技術は単純に地震だけではなく、施工中の安全性や構造の健全性を確保することにも関わるからです。海外の場合、その地域の伝統的な構造により最低限の耐震性を保っている可能性がありますが、地震がない、その国の法律で満足しているなどの理由で耐震性を深く考えず建ててしまえば、結果的に強度の弱い建物になってしまう恐れがあるでしょう。

中国の四川大地震やハイチ大地震では多数の建物が甚大な被害を受けてしまいましたが、被害が拡大した理由はコンクリートが玉石だらけ、鉄筋が入っていなかったり、きちんと配筋されていなかったりという欠陥があったからです。日本は耐震技術を実現化する施工の精度や質が高く、設計・施工全般に対して高い強度を確保する意識が基本として浸透しているため、耐震技術はどんどん進歩しています。

株式会キーマンなど、耐震に取り組む業者が日々行っている取り組むの裏では、このような日本の耐震技術の動向があるのです。

日本は過去の地震経験から安全な未来を築くために、地震力の強弱を問わず、どの地域に対しても最低限もしくは最大の耐震技術が施されています。単純に伝統的な技術を用いるのではなく、地域によって地盤の強弱など環境が異なるので、それを予測した上でその土地に合った技術や素材を用いて設計し、耐震性を実現化する施工力を持つ点が日本の優れたところなのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする