株式会社キーマンが行う耐震改修の「SRF工法」とは

株式会社キーマンが行う耐震改修の「SRF工法」

株式会社キーマンは公共施設やビル、集合住宅など様々な建築物やインフラの耐震診断や耐震補強・改修工事時を手掛けています。耐震改修工事の工法の中に「SRF工法」というものがありますが、どのような工法なのでしょうか。今回は、株式会社キーマンで行われているSRF工法についてご紹介します。

SRF工法とは

SRF工法は耐震被覆・包帯補強とも呼ばれています。この工法は既存の鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造の建築物の柱や壁の周囲にポリエステル製のベルトやシートを巻き付け、コンクリートの表面を覆い被せることで経年劣化を抑える工法です。さらにひびの拡大を抑えられるので、損壊しにくい柱や壁に強度を高めることができます。

株式会社キーマンでは施工前に工程をしっかり計画し、また周辺の迷惑にならないように騒音や埃など細かく注意して工事を行っています。使用する材料や使用数量も施工者と担当者で確認し合い、万全な品質を確保しているのです。管理組合や管理者との関わりも大切にしており、良好な関係を築きながら高品質な補強・改修工事が行われます。

SRF工法の特長とは

SRFは耐震強化として優れた工法ですが、他にも様々な特長があります。

・鉄筋コンクリートの弱点を補強できる
鉄筋コンクリートはコンクリートが引っ張る力に弱い傾向があり、鉄は外気に接触すると腐食する性質を持ちますが、SRFは素材の弱点をカバーする上で優れた工法です。
工法自体は日本全国に留まらず世界中に普及しており、新幹線や学校、お店、住宅、病院など、施工実績は1000件を超えており、実績豊富な施工と言えるでしょう。
また、柱や壁の補強により、強度や靭性、軸耐力を向上できる点もSRFならではの魅力です。

・簡単な施工で価格も比較的安価
SRF工法は宅配便でも搬入可能な材料を人力で巻きつけて接着する工法であるため、特殊な技術は必要なく、簡単に施工できます。大きな機材も必要ないので狭い場所でも容易に施工ができ、工事費用も安価の傾向があるため、少ない負担で耐震補強が行えるでしょう。

・安全な施工を実現
SRF工法の場合、粉塵や騒音、振動、臭気がほとんどしないので、人や環境に優しい工事です。施工では火気は使いませんし、貼り付けに使用する接着剤は環境ホルモン懸念物質を一切含まないものを使用しているので安全です。

このように、株式会社キーマンで行われているSRF工法は簡単な工法でありながら、鉄筋コンクリート造の耐震強化や柱・壁の強度を高められる優れた工法です。株式会社キーマンの施工実績によると、大阪北部地震に補強部分を確認したところ、異常は発見されておらず、高品質な補強工事を実現できていることが分かります。建築物の耐震性が気になる方は施工実績の多い株式会社キーマンに相談してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする