「株式会社翔設計」が行う事業の取り組みや特徴について

write-593333_1920

株式会社翔設計は東京都に一級建築士事務所として登録している会社で、建築設計を主な業務としています。一級建築士を25名も擁しており、社員数が90名という大きな設計会社です。メインとなる建築設計以外にも、さまざまな事業への取り組みがおこなわれています。
 新築の建物や空間の設計をおこなうことはもちろん、それ以外に監理業務もおこなっています。この分野ではまず基本構想を練り、基本計画を立てて基本設計をおこなって、実施設計と確認申請業務に進みます。建物の修繕コンサルタントにも力を入れているのが、株式会社翔設計の特徴でもあります。この分野では、一級建築士の知識と技術を持って建物調査診断と改修設計をおこない、監理もします。発注者からの希望があれば、増改築設計や監理、内装や外構リニューアルの設計や監理もおこないます。その後の修繕計画も作成します。最近の傾向として、スクラップアンドビルドではなく、リノベーションをおこなう例が増えていますので、建物の修繕コンサルタントの需要は高まっており、株式会社翔設計がその需要に応えていると言えます。
 建物だけでなく、設備の修繕コンサルタントもおこなっています。定期的に交換することが必要となる給排水設備の改修設計、監理やエコに対応するためますます必要性が高まっている空調設備の改修設計と監理、安全性確保のために欠かせない電気設備の改修設計と監理、コスト削減に不可欠な省エネルギー設計と監理などをおこない、修繕計画も作成しています。古い建物を使い続けていくためには、建物自体の修繕も必要ですが、こうした設備の修繕も欠かせません。なんとか使い続けるというだけでなく、性能をアップさせ、快適に利用していくことも可能になります。修繕技術は日進月歩で進んでいますから、株式会社翔設計のような会社に依頼して、最新技術を持って、建物を生まれ変わらせたいものです。
 わが国は地震の活動期に入っていますから、耐震診断や補強設計、その監理も欠かせません。株式会社翔設計はそうした事業もおこなっていますし、防災対策コンサルタントもおこなっています。建築や設備の法定点検業務も委託できます。
 ハードの面だけでなくソフト面での対応もおこなっており、建築総合コンサルタント業務も柱のひとつとなっています。市場調査や市場分析、遊休地の有効利用計画、ランニングコストの適正化や改善計画の作成なども委託できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする