耐震・免震・制震のメリットと、デメリット

耐震・免震・制震のメリット、デメリット

日本では大震災が起こるたびに建築基準法が見直され、世界各国から見ても地震対策は進んでいると言えるでしょう。今後も大地震に見舞われてしまう可能性も見られるので「耐震・免震・制震」の仕組みを利用した対策を講じています。こでは耐震・免震・制震の特徴と、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきましょう。

耐震の特徴

梁や柱、耐久壁、筋交いなどで強度を高め、建物が倒れないように設計された構造です。

【メリット】
・建設コストがリーズナブル
・工期が短期間で終わる
・強風や台風の影響を受けにくい
・設置制限がない
・建物自体の強度が高まる

【デメリット】
・揺れが大きく建物の上部ほど激しく揺れやすい
・建物が倒壊、損壊することは防げるが損傷する可能性がある
・繰り返しの揺れで建物状況が悪化していく
・震災後の修繕にコストがかかる
・家具が移動したり物が落ちたりしやすい

免震の特徴

建物と地盤の間に専用装置を設置し、地震の揺れを吸収し建物に直接揺れが伝わらないようにした構造です。

【メリット】
・鉄筋コンクリート造に向いている
・建物が受けるダメージが小さい
・建物の変形を防ぐことができる

【デメリット】
・建設コストが高い
・定期点検やメンテナンスが必要である
・軟弱地盤や液状化の可能性がある地盤には不向き
・横揺れには強いが経揺れには効果が見込めない
・長周期地震動に対応しにくい
・大きな力が加わると積層ゴムが破断する可能性がある
・揺れを許容するためのスペースが必要になる

制震の特徴

梁や柱の間に揺れを抑えるための専用装置を入れ、地震や風などの衝撃を抑制させた構造です。

【メリット】
・地震で揺れても建物の変形を抑えることができる
・複数の揺れに耐えられる強さがある
・地震だけでなく風揺れ対策としても効果的
・長周期地震動の揺れに効果がある

【デメリット】
・装置の設置場所や数によって効果に差が出る
・重くて構造がしっかりした建物には向いていない

耐震・免震・制震のどれを採用するかは、物件の立地条件、地盤、建物の高さ、形状など総合的な面で判断することをおすすめします。もちろん単独ではなく複数の構造を組み合わせて採用することもできます。どの工法にもデメリットがありますが、地震大国である日本に住んでいる以上は全く取り入れないわけにはいきません。専門家のアドバイスをもとに、どの構造を採用した方が最も効果が高まるのかを検討していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする