制震の重要性

制震の重要性

現在日本の新築住宅は、長期優良住宅などによって耐震性が高くなっているものがほとんどです。耐震は建物の強度を高めることはできますが大きな揺れを観測した場合、建物もしくは接合部分などに損傷や変形を与え修繕作業が必要となります。しかし、今注目されている「制震」は建物に起こる損傷や変形が起こりにくいといった特性があるようです。今回は、なぜ制震が重要視されているのか、制震の設置効果についてご紹介していきましょう。

制震は変形を抑えることができる

耐震の場合は建物を強固することによって大きな地震が起きても倒壊を防ぐことができます。しかし、建物を固めると接合部分に負荷が加わるため、部分損傷や傾き変形などを起こしやすくなるでしょう。一方、制震は揺れに対して柔軟に動き、地震エネルギーを吸収することで揺れを低減させる働きを持っているため変形を抑えることが可能です。

初期強度もあるが継続的強度も高い

耐震の場合は大きな揺れによって一度強度が薄れると、その後の揺れでさらに強度が弱まってしまうのですが、制震は一度大きな揺れを受けてからも強度を維持します。建物の揺れは地震だけでなく台風や雪、大型トラックが通過する際にも発生するため、継続的な強度を維持できることは建物にとっても大きなメリットになるでしょう。

内装や家具などを保護してくれる

制震を備えた建物は、耐震に比べ揺れ幅を低減してくれます。これにより地震が起きた時も建物内の内装材や家具・インテリアの倒壊や落下を防ぐことができます。建物のダメージが減ることによって、クロスの破れやタイルの剥がれ・落下などの被害も防げるでしょう。

制震装置の需要について

制震装置は取り扱っている各メーカーによって素材や形状が異なりますが、一般的には2階建住宅の場合1階部分の壁内に組み込むことが多いです。費用については耐震のように本体価格に含まれないため建物の大きさによっては、50万円程度の費用が必要になります。制震は建物に対するダメージを減らすことを目的としているので、装置を設置しても体に感じる揺れは耐震とほとんど変わりません。

制震は費用や技術的な面でまだまだ課題が多いのですが、地震対策を強化させるために耐震と制震を一緒に構造する住宅が増えてきています。今後、対応業者が増えていけば制震の需要はますます多くなっていくことでしょう。これから新築を検討される方は「耐震・制震・免震」など、いずれかの地震対策を施すことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする