家づくりを検討する際に重要な耐震等級とは

耐震イラスト1

家づくりを検討する際、耐震性能にこだわる方は少なくありません。日本は世界的に見て地震の多い国なので、それに備えた家づくりを基準にします。そこで今回は、家づくりの基本とも言える耐震等級について詳しく解説していきましょう。

耐震等級とは

耐震の意味は文字通り「地震に耐えること」を意味しますが、耐震等級は地震に対する建物の強度を示す等級のことを言います。家づくりを行う場合は、必ずこの「耐震等級」という言葉を耳にするかと思いますが、耐震等級が設けられた当初は「住宅の性能表示制度」という制度がありました。

しかし今は、様々な基準に援用されて耐震等級という言い方が用いられるようになっています。耐震等級には「1」「2」「3」まで等級が分かれており、「3」が最高等級になります。耐震等級別にそれぞれ基準をご紹介しましょう。

耐震等級1…建築基準法と同程度の建物
耐震等級2…等級1で想定される1.25倍の地震に耐えられる建物
耐震等級3…等級1で想定される1.5倍の地震に耐えられる建物

耐震等級は以上のような基準を目安にしています。

建築基準法の制定内容

建築基準法では想定される地震と被害を以下のように見ています。

1.何百年に一度発生する地震に対して建物が倒壊・崩壊しない
(住宅密集地で震度6強~7程度)
2.何十年に一度発生する地震に対して、損傷の被害を受けない
(住宅密集地で震度5強程度)

建物の被害と人が受ける被害は、震度によって被害状況が変わってくるものなので、建築基準法通りに建築した場合に建物は倒壊しなくても人が損傷を受ける可能性があります。実際に発生する地震の性質によっても状況の違いはあるので、これらはあくまでも目安に過ぎません。

耐震等級は施主が自由に選べる

例えば耐震等級1で家づくりを行う場合は、2階建て住宅では簡易的な施工方法で検討しても良いことになっています。しかし、耐震等級2もしくは3の場合は同じ2階建て住宅でも構造計算や特別な検討方法が必要になります。ですから、等級が2以上になれば住宅計画の信頼度が上がることになるでしょう。

耐震等級は本来施主側から依頼するものですが、中には施工業者で標準制度が2もしくは3に設定されているところもあります。もちろん専門家の意見は参考にすべきですが、必ずしも提案された耐震等級で家を建てる必要はありません。最終的に納得できる等級で施主本人の希望を伝えるべきです。

耐震等級は3が最高等級になりますが、これは必ずしも安全であることを意味するものではありません。建物を倒壊しないようにするには建物自体を固くすること繋がるので、揺れは家の中に伝わりやすくなります。そうなると家の中にいる人やものへの被害が受けやすくなるので、その点も踏まえて耐震等級を決めるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする