「木造」「鉄骨造」「RC造」.それぞれの特徴・耐震性

耐震イラスト2

日本の住宅に求められるのは「地震に強い建物」が絶対条件です。しかし、住宅工法は「木造」や「鉄骨造」、「RC造」などいくつもあり、それぞれ耐震性が異なります。では、それぞれの住宅工法にはどのような特徴があるのでしょうか。地震に強い家にするならどの工法を採用した方が良いのかも考えてみましょう。

木造住宅の特徴

日本の一般住宅で最も使われるのは木造住宅です。主な建築材料は木材であり、在来軸組工法や枠組壁工法どちらかが採用されています。2016年度で最も多い一戸建て住宅は、木造住宅で約9割近くが木造を用いた着工統計に含まれていました。

・在来軸組工法
在来軸組工法は、柱と梁を組み合わせて住宅構造を支える仕組みです。
建物の耐震性は、柱と針の強度で支えています。
耐久性については柱と柱に筋交いを入れて確保します。
他の工法に比べて建物が軽くなるので、地盤に負担をかけにくいといった特徴が見られるでしょう。

・枠組壁工法
別名ツーバイフォー工法と言い、北米で普及された住宅工法です。
2×4インチで作った枠に、構造板を貼り付けパネルのように組み立てて造ります。
在来工法より隙間が少ないため、気密性や断熱性が有利になります。
床や壁などの構成面で力を分散できるので、地震や台風に強い建物になるでしょう。

鉄骨造住宅の特徴

鉄骨造は、柱や梁などの構造材が鉄または鋼で造られた構造のことを言います。使われる主要構造材が重いため、建物自体も重くなり地盤改良が必要になることもあるでしょう。材料は各工場で生産・管理されているので、施工期間が短く品質は安定しています。鉄骨造住宅で施工する際は、鉄骨造の取り扱いを許可されている国認定を受けた大手ハウスメーカーに依頼するようにしましょう。

RC造住宅の特徴

RC造住宅は、鉄筋とコンクリートを一体化させて建物を造る住宅工法です。耐久性があり火事や地震に強いと言われていますが、木造や鉄骨造に比べて重いため地盤が重要になります。配筋のピッチやコンクリートの配分によって強度を高められるので、一般住宅だけでなくビルや学校、マンションなどの大型建築にも採用されることが多いです。施工現場で鉄筋を組んでコンクリートを流し込むため、長期工事になりやすい点がデメリットとなっています。

木造住宅はトータル的なバランスでは高評価になりますが、耐震性や耐久性に関しては鉄骨造やRC造よりは劣ってしまいます。反対に耐震性を重視した工法を選べば、コストの部分が現実的ではなくなってしまうので、理想の家と多少ズレが生じてしまうかもしれません。安全性や予算など何を優先しどんな家の構造求めるのかを考慮しながら、検討してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする