「株式会社丸高工業」が行う事業の取り組みや特徴について

ipad-606764_1280

株式会社丸高工業は、1954年1月28日に創業した建設会社です。
その事業の特徴は、耐震補強とリニューアル工事に特化した法人向けサービスにあります。
一般的な建設会社では、建築物の工事を中心にリフォームやリノベーションを行いますが、株式会社丸高工業は、得意とする分野に持てるリソースを集中することで、得意分野の競争力を伸ばす経営戦略をとっています。
そのため、居ながらにして耐震補強工事のできる工事方法の取り組みに力を入れてきており、多くの場面で活用できる多彩なノウハウと実績を積み重ねてきました。
具体的には、躯体の解体やモルタルの撤去工事で騒音を出さずに講じする方法、躯体の中に埋設された配管を傷つけることなく工事する技術など、複雑な構造を持つ建築物に対する耐震補強工事のノウハウを有しており、これが株式会社丸高工業が有する強みとなっています。
また、品質の向上とコストダウンを実現するため、多能工生産システムを採用しました。
複数の職種を兼用できる多能工な作業員を育成することで、オフィスビルや賃貸マンション、小学校や医療施設などの様々な施設への耐震補強に対応しています。
精密な調査能力も高い信頼を獲得する理由です。詳細な調査によって躯体内部の現状を把握し、多様なスタイルとデザインを持つ建築物に対して高い経済性を保ちながら、緻密な精度を持つ耐震補強工事を行っており、その品質の高さが評価されています。
内装リニューアルも得意としています。
オフィスから飲食店などの商業施設までリニューアルを専門に対応しており、耐震補強工事で築き上げられた多能工のスキルやノウハウを動員した高品質で経済的なリニューアルが知られています。
その対象もトイレ改修やエレベーターやエスカレーター新設工事、エントランス改修工事、店舗改修工事など幅広いです。
また1975年まで建設工事で使用されてきたアスベスト対策しています。
全てのアスベストを除去するアスベスト除去工事、吹付けアスベストの飛散を防止する封じ込め工事、吹き付けられたアスベスト層を資材や建材で覆う囲い込み工事など、1975年以前に建設された建築物にも対応しているため、築年数のある建築物のリニューアルや耐震補強も可能です。
株式会社丸高工業は、オフィスビルや小学校、医療機関など幅広い法人向けの耐震補強工事とリニューアルに特化した建築業者で、1人で複数の職種を担う多能工を育成することにより、それぞれの建築物に実施施行可能な経済性あるサービスを提供しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする