「株式会社浅香工業」が行う事業の取り組みや特徴について

finger-769300_1280

株式会社浅香工業は、国土交通大臣の許可を受け、東京都に一級建築士事務所と宅地建物取引業免許の登録をしている会社です。東京に本社があり、東京と埼玉県をメインエリアとして営業しています。事業としては、建築工事の企画と設計、施工、監理及び請負と、既存建物のリフォーム工事、建造物の各種調査と診断、耐震補強工事、石綿処理工事における調査と除去、封じ込め、産業廃棄物収集運搬処理、そして不動産の売買、賃貸、管理やその仲介をおこなっています。
 株式会社浅香工業の特徴としては、石綿処理工事における高い技術を持ち、アスベスト診断士を擁し、建物工事に不可欠なアスベスト対策に真摯に取り組み続けていることが挙げられます。既存建物のリフォーム工事をする際には、アスベスト対策が不可欠となります。改修工事が必要であるような古い建造物には、アスベストが使われているケースが非常に多いからです。その対策を、外注することなく、自社でしっかりとおこなうということで、発注者は安心感を持てることでしょう。
 株式会社浅香工業は1級建築士を3名、1級建施工管理技士を11名擁しており、高度な知識と技術をもってしての確かな工事をおこなうべく、取り組んでいるようです。近年需要の増してきている、耐震補強工事にも力を入れています。日本は地震の活動期に入っており、以前はほとんど見られなかった震度6という数字も、頻繁に表示されるようになってしまっています。建築基準法は1981年に大幅改正され、震度5程度の地震では建物が損傷しないこと、震度6以上の地震でも建物が倒壊しないことを、建築の際に義務づけています。しかし、それ以前に建てられた建物は、その基準を満たさなくても良かったため、中には震度6の揺れでは不安な建物もあります。それらを耐震補強工事で安心な状態にすることが急務なわけで、株式会社浅香工業のように、耐震補強工事に力を入れる会社があるのは心強いことです。
 株式会社浅香工業は宅地建物取引業免許も取得しているため、土地の有効活用の方法などを相談することもできます。更地がある場合は、そこをどういうふうに利用するべきか、店舗にするか、マンション経営がいいか、駐車場を運営したほうがいいか、というのは、素人にはなかなかわからないことです。やはりその地域に根ざした会社に相談し、最新情報を入手して決めるのが得策でしょう。建ててから変更するのは、非常にたいへんなことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする