「株式会社エイト日本技術開発」が行う事業の取り組みや特徴について

arrangement-2264812_1280

株式会社エイト日本技術開発は、1955年3月1日に創業した建設コンサルタント建設会社です。
事業の特徴は、インフラ工事にあります。
株式会社エイト日本技術開発は、国内外のインフラ工事に携わることで地域の発展に尽力しています。
具体的な事業分野として、道路交通、河川港湾、都市・環境、維持管理保全、耐震・防災・情報、資源循環・エネルギー、地質・地盤・測量・補償・建築、マネジメント、国際分野まで対応しており、総合的な建築コンサルタントとしての強みを備えています。
特徴ある取り組みとして環境・防災・保全、行政支援の核心的事業にあります。
環境・防災分野では地域住民と共同してのまちづくり、水害被害を最小限に抑止するためのスーパー堤防一体型土地区画整理、スポーツ選手育成のためのナショナルトレーニングセンター、緑化公園対策など幅広くなっており、地域住民の生活を守ると同時に生活空間をより向上させることに強みを発揮しています。
株式会社エイト日本技術開発は、今後求められるインフラ更新においても高いノウハウを有しています。例えば高度成長期に建設された国道や高速道路、橋やトンネル、ダムなど老朽化が指摘されているインフラの点検や調査など精密な診断作業を通じて、それぞれに応じた長寿命化計画や保全計画を作成し、ライフラインのストックマネジメントを進めています。
診断に高い威力を発揮するのが、高速移動型3Dレーダー探査調査技術です。最先端の3Dレーダーによりインフラ保全に関する新技術の導入により、橋の3Dデータ化にくわえて専門重機を使った橋梁などの各種点検し、導き出された精密な調査結果に基づき補修補強のための著寿命化計画の立案、施設の更新計画と設計、耐震設計を定め、迅速で精度の高いインフラ更新に対応する技術を蓄積しています。
行政支援サービスでも知られるようになりました。
これは公共施設をマネジメントするサービスで、公共施設の設計・建設・維持管理に民間のノウハウと民間資金を導入し、住民生活を豊かにする公共サービスを民間運営、あるいは公民提携しておこないます。
すでに廃棄物処理施設、学校給食センター、温泉施設の整備と運営に携わるなど、自治体の財政コストの削減と住民生活に欠かせないサービスの両立を目指します。
株式会社エイト日本技術開発は、長い歴史を持つ建設コンサルタント事業に強みを持っており、国内外のインフラ設備の計画・建設から公共施設の運営サポートまで、幅広く社会に貢献しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする