株式会社キーマンが顧客に対し心がけること

株式会社キーマンでは「神は細部に宿る」という精神のもと、作業における様々な場面で一切の妥協を許さず、その姿勢が顧客からの厚い支持を集めています。
顧客に対して第一に心がけていることはヒアリングであり、まずは困っていることや不安なことをしっかりと聞いた上で最適な解決策を模索し提案します。
しかし、耐震補強工事はそう頻繁に行われるものではありませんから、施主サイドとしては初体験というケースも多いことでしょう。

右も左も分からないという場合には、株式会社キーマンに作業を一任することも勿論可能ですが、この場合においても綿密な打ち合わせが行われ、
施主が少しでも不安に感じることがあれば、対話を欠かすことはありません。

耐震補強工事においては、どうしても大きな音や悪臭の発生は不可避です。
株式会社キーマンでは、施主に対する配慮を欠かさぬことは当然として、マンションの住人やテナントの入居者に対しても丁寧な対応を行うことにも定評があります。
養生と掃除を徹底することによってそれらの問題を最小限に止める努力をすることは基本中の基本でありますが、
どうしても基準以上のホコリが発生してしまう場合には、健康上の被害が生じぬように家を空けるなど、適切な指示が行われます。

テナントに関しては、店舗の閉店後に作業が行われます。長期間の休業に追い込まれることがなく、通常通りの営業を行った後に作業に取り掛かりますから、
工事を行うことで店舗が被るダメージは一切ありません。陳列されている物品にも基本的には触れないことを心がけていますが、
どうしても移動が必要になった場合には事前に丁寧な説明が行われ、状態の画像を撮影した上で移動作業を行い、完了後には元の状態に戻すことを徹底しているため、
余計な手間がかかることが無いという点も施主にとって魅力的なポイントと言えるでしょう。

小さなお子さんに対する配慮も欠かしません。危険な工事現場の近くを小さなお子さんに歩かせるということは、保護者にとって最も避けたいことの一つですが、
株式会社キーマンでは工事作業中の安全管理を徹底しており、安全道路の確保を行い、状況に応じてカラーコーンの設置や監視員の配置まで行っています。

触れると危険な電気線は平行かつ直角にし、ガムテープでカバーすることによって自己を防いでいるほか、現場作業員の一人ひとりが丁寧に対応することを徹底しており、礼儀正しく接し続けていることも企業への信頼に直結しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする